パソコンでFAXをつかっています

通常FAXといえば、家で使うならば電話機に一体になっているもの、会社で使うならば複合機。そんなイメージがありますが、我が家はパソコンにモデムを搭載し、メールの様な画面でFAXのやりとりをしています。
というのも、なぜか我が家に「○○会社御中」と書かれた間違いFAXが多く届くようになり、差出人の会社にはいくら間違いFAXだと伝えても何度も送ってくるということが続いたからなのです。
幸いかな、会社同士の重要なやりとりではなく、ただの広告FAXだったようですが、それでも毎日のように紙で出されると用紙代も馬鹿になりません。
以前、数日家を空けていた時にFAXの下には用紙が散乱していて。毎日届いた分が床に散らばっていたのです。
どれだけ紙を無駄に使われたのかと思うと腹が立ち、それがきっかけで、パソコンでFAXを使うようになりました。
何が便利って、やはり届いたときにまずは画面で確認できること。メールに似た画面なので操作も簡単です。画面を確認し、必要ならば印刷も可能です。その際にもFAXの専用紙がいらず、パソコンですのでそのままプリンタから印刷ができます。
そして送るのも簡単。紙に印刷したものをFAXに読み込ませる必要はなく、メールを送る感覚で文章も添付できますし、PDFなども一緒に送れます。とにかくペーパーレスなのが嬉しいところ。
最近、ようやく間違いFAXが届かなくなったのですが、それでもパソコンにつなげたFAXは便利で重宝しています。実家のところに何か送信するにもこちらは用件だけを打って、送信ボタンで完了です。
スキャナもFAXだとモノクロでしたが、最近は家庭用複合機についてますしね。ただ、モデムが搭載されていないパソコンが増えてきたのと、パソコンは常時つけておかなければいけないのが難点。我が家は主人の趣味でサーバーを置いていますからこの方法が使えますが、はて、このサーバーがなくなった時にはFAXはどうなるやら…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です